BL

僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。【BL作品】

僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。

キサラ作品

僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。

を読んだので、概要・あらすじ、感想を紹介していきたいと思います♪

空気を読めないと周りに疎まれている

サラリーマン。

 

気が付けば後輩の男に惹かれてしまっていて…。

 

そんなある日、部屋でポルターガイストが…?

幽霊だかなんだか分からないものが自分の体を弄んで…!!

 

といった感じで話が進んでいきます♪

 

2019年10月21日現在は、無料で読める話がなんと2つも!

\急げ!/

BookLiveコミック公式サイトへ

 

 

それでは、【僕は毎晩、変態リーマンに】の概要などを紹介していきます!

 

【僕は毎晩、変態リーマンに】概要

 

この物語は、ゲイだと気づき恋愛をあきらめている大槻と、ノンケの女性にも人気のある二ノ宮という男性2人の社内恋愛物語です。

以下、BookLiveコミックより、あらすじの引用です。

 

「メガネ外すと、思ったより幼いんですね。だから虐めたくなるのかなぁ」

ノンケな後輩に押し倒されて、痛いくらいに乳首をキュッと抓られて…コレって夢?それとも現実!?

――ゲイであることを必死に隠して生きてきた堅物リーマン・大槻。マジメすぎるが故に職場のチャラい後輩・二ノ宮とは衝突してばかり。

なのに、そんな相手に惚れるってどうなんだ!と落ち込んでいたある夜、ひょんなことから二ノ宮を自宅に泊めることに。

すると「俺のこと、オカズにして抜くくらい好きなんでしょ?」って迫られた挙句「ここ、キツくされる方が感じるよね」ってビンビンに勃起したアソコをグリグリと攻められてしまう。

馬鹿みたいにキモチよくて思わず泣いちゃったけど…

でも、なんで?なんでこうなった?

 

というのがこの話のあらすじです。

物語中でも、何故か自分の性癖を知られていて、「え?なんで…?」ってなっている大槻が可愛らしい感じです。

 

【僕は毎晩、変態リーマンに】キャラクター紹介

 

この物語は、大槻と二ノ宮という2人の男性による物語です。作家さんが好きで読んでしまう!という人も居るほど人気があります♪

大槻

大手企業に勤めて5年、まじめで堅物。いつも怒っているように見られがち。

自分がゲイだと自覚してからは、恋愛をあきらめている。

ノンケの後輩二ノ宮が女性に誠実な対応をしているのを見て、片思いに…

 

二ノ宮

大槻の片思いの相手。

女性社員からも人気があり、見た目は少しチャラっとした印象。実は女性には誠実な対応をする。

霊感があって、幽体離脱とかが出来る…?

 

これ以外にも同僚とか、兄想いの弟とか出てきてハラハラさせる展開も…?

幽体離脱設定が気になって読み進めちゃう人も多いみたい♪

無愛想っぽい大槻の可愛らしい受け具合にはまっちゃったな~とか思ってたらそれは私だけじゃなかったようです 笑

 

【僕は毎晩、変態リーマンに】読んでみて

 

この本を読んだ後に、口コミを見たのですが、自分と同じような感想を抱いている人がかなりいて、愛されてる作品だなって思いました♪

幽霊が怖いって泣いてしまう受けの大槻は、可愛いでしかない…^^!

 

そして攻めの二ノ宮は嫉妬心の塊です。ノンケなはずなのに、

…やっぱイけるわ俺

って覚醒してしまうあたりがいいですね♪

 

幽体離脱とか変わった設定もあるけど

二ノ宮と大槻のいちゃいちゃする漫画を読みたい人は是非BookLiveコミックの公式サイトへ!

 

もちろんキサラさんの、他の作品も多数配信されてますよ♪

 

BookLiveコミック公式サイトへ見に行く

TOPページに行って、「僕は毎晩」と検索してみてくださいね!

同じ作者のもう一つの作品も出てきますが、今回紹介したのは「僕は毎晩、変態リーマンに虐められています。」が大槻と二ノ宮の物語です^^