BL

【幕が下りたら僕らは番】ざらめ鮫作品(オメガバース)

幕が下りたら僕らは番(オメガバース)ざらめ鮫作品。あらすじ感想キャラクター紹介

ざらめ鮫作品

幕が下りたら僕らは番

を読んだので、あらすじなど概要、感想を紹介していきたいと思います♪

 

α同士の優秀な両親から生まれ、

αだろうと思われていた子は

 

Ωだったことが判明した。

 

芸能活動をやる上でΩであることはかくしていたのに

よりにもよってαのライバルに知られてしまい…!?

 

といった感じで、話が進んでいきます♪

 

オメガバースについてあまり知らないと、

上の説明でちょっと何言ってるか分からない…^^;って感じになりますよね。

後で簡単に説明しますね!

 

2019年10月24日現在、オメガバースの物語が1話無料で読めます!

BL作品で人気のオメガバース設定♪

堪能してみませんか^^?

幕が下りたら僕らは番が読めるのはBookLiveコミック!

 

それでは幕が下りたら僕らは番の概要などを紹介していきます!

 

【幕が下りたら僕らは番】概要

 

この物語は、芸能人の男の子たちの話です。オメガバースの話を理解していなくてもおそらく読めますが、念のためあらすじの後に簡単に紹介しますね!

以下、BookLiveコミックよりあらすじの引用です。

 

「このαが欲しい――」

密生はΩであることを隠して活躍するアイドル。

αばかりの芸能界にいながらも努力で上りつめ、いまや事務所のトップアイドルと呼ばれる存在となっていた。

そんな彼の次に人気を誇る瀬兎は、例に漏れずαで才能があり、そして妙に勘がいい。

密生はそんな彼を苦手としていたが、後輩のライブで偶然遭遇し、あるトラブルから急遽ユニットを組むことに。

しかし、最近抑制剤の効きが悪くなっていた密生は舞台上で発情…瀬兎に助けられ辛うじて観客には感づかれなかったものの、瀬兎にはΩであることがバレてしまう。

初めての発情に戸惑う密生だが、感じたことのない快楽と欲情に理性が崩壊し……。

 

というのがあらすじです。

 

さてじゃあオメガバースってなんでしょうか?

通常人間は男女として2つの性別で別れています。ただオメガバースの場合は、αの男女、βの男女、Ωの男女という6種類の性別が存在することになります。

 

Ωの人間はαが相手であれば、男でも女でも妊娠できます。αの女とΩの男が行為を行うと、Ωの男の方が妊娠します。

 

  • αの男女は種として優秀で絶対的な存在、数も少ないです。突発的な発情期があります
  • βの男女は所謂一般的な人物です。発情期はありません。
  • Ωの男女は存在がレアです。発情期なら男女問わず妊娠が出来き、また定期的に発情期が着てしまうので、社会的地位が低いことが多いです。発情期は特殊なフェロモンを放ちます。

 

優秀なαが、発情期のΩに惹かれてしまって、身分差の関係になったりすることがあります。

 

さらには番(つがい)といって、α×Ω間だけで成立する繋がりがあって、作品によって異なりますが多くは、うなじを噛むと番になる…という事が多いです。

 

というのがオメガバースの大体の説明です!

他にも色んな情報がありますが、これだけわかっていたら、幕が下りたら僕らは番は問題なく読めると思います♪

 

幕が下りたら僕らは番】キャラクター紹介

 

主要人物の2人を紹介していきたいと思います♪

 

密生(Ω)

α同士の両親から生まれたΩの子供。芸能人はαばかりであるため、Ωであることを隠して活動している。

努力と実力で上りつめ、トップアイドルに。

最近Ωの発情を抑える薬の効果が悪くなっている。αである瀬兎が苦手。

 

瀬兎(α)

才能があり、人気者のアイドル。密生きるの事は慕っている様子で積極的に話しかける。

密生がΩとは知らずにいたものの、具合の悪そうな密生の様子に気が付き、そこからΩだということが発覚し、もろもろあって番となる。

 

私はわりとチャラっとしたキャラクターが好きなので、瀬兎派です♪

チャラっとしていながらも、勘が良くいざというときに頼りになるような…!攻めの神髄ですね 笑

 

幕が下りたら僕らは番】読んでみて

 

実はオメガバースの設定って、なんとなく存在は知っていたのですが、ちゃんと見たのは今回が初めてです♪

普段はTLの方を多く読むので…

番をツガイと読むと思っていなくて、幕が下りたら僕らはバンってなんだ…?って思ったのは秘密の話 笑

 

でもオメガバース良いですね!人気なのも頷けます。

最初とっつきにくい設定なのかと思い、避けてきたのにちょっと公開しました!今後はオメガバースの物語もどんどん紹介していきたいと思います^^

 

オメガバースの設定大好き!という方は

BookLiveコミックへ!

 

色んな作品があるので、楽しめますよ♪

 

「オメガバース」と検索して出てくる作品もありますが、それはタイトルにオメガバースと入った作品のみ出てくるかもしれません。

 

【幕が下りたら僕らは番】を見たい場合は【幕が下りたら】で検索してみてくださいね^^♪